スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏本番へ 「青サブ on White Leather Strap !」

Rolex Submariner 16613 on White Leather Strap.

DSCN2442.jpg

DSCN2443.jpg

DSCN2448.jpg

DSCN2447.jpg

DSCN2449.jpg

DSCN2450.jpg

DSCN2451.jpg

DSCN2452.jpg

夏本番、しばらくの間、ホワイトレザーストラップ!

時計のお掃除

今日はクソ暑い。ハゲるような厚さとは、今日のような日のことだ。ということで、今日は月一回のペースでやっている時計のお掃除。

時計は、ロレックス、サブマリーナ16613。

いつもは金属ベルトは使用せず、革ストラップを使用している。まず、分解する。右下は、バネ棒外しの各種先端。
DSCN2331.jpg

まず、革ストラップから。材質は型押しのカーフなので、最近廃盤になったディアマンテを使いたいところだが;
DSCN2332.jpg
このストラップはステッチが入っているので、ディアマンテだとステッチの窪みに詰まってしまいがち。つまっても赤ちゃん用の細い綿棒などで、擦り込めば大丈夫だけれど、今回はスプレーを使用することに。

それが、コロニルプレミアムプロテクト。
DSCN2329.jpg

これをオモテウラにスプレーして、布で軽くから拭きしたら、もう一種類のスプレーを。
DSCN2330.jpg
ナノプロスプレー。水をはじくので、この季節に特有の突然の雨でも大丈夫。

さて、次は本体。

防水時計は、基本は水洗い。セーム革で拭くという人も多いが、セーム革は意外と傷を付けやすい。サテン地のステンレスなら大丈夫だとおもうけど、鏡面、特に18金の鏡面などの場合は、そうとうこなれて使い込んだセーム革でないと拭き傷をつけてしまうことになる。

そういう理由で、防水時計だったらジャバジャバ丸洗いが一番良い。まず、石鹸をつける。
RSCN2350.jpg

次にいつもつかっている自分の口を磨く歯ブラシで磨く。
RSCN2349.jpg

磨く。
RSCN2348.jpg
歯ブラシで磨くと傷をつけてしまうかもしれないと心配には及ばない。私の歯ブラシは柔らかめなのだ。また、いつも歯を磨く歯ブラシで、時計磨くことに抵抗があるという人もいるかもしれない。もしくは、時計磨いた歯ブラシでまた口を磨くことに抵抗があったり。そんな人は時計磨きの専用ブラシを用意すれば良い。

磨いたら、水を少し貯めて、ドップリつける。
RSCN2346.jpg

RSCN2344.jpg

流水ですすぐ。
RSCN2345.jpg
尚、「流水の場合は水圧が一時的に高圧になって……」と説教する人もいるかもしれない。水道水の水圧の場合、シャワーにして、息子の3歳児のチンコにあてても喜んでいる程度なので、一般家庭の水道も水圧など、気にする必要は全くない。水洗い時に注意すべきは、リューズがキチンと閉まっているかの確認のほう。

お掃除完了!!!
DSCN2351.jpg

Swatch Pop Vert PMK109



赤いスウォッチのストラップを探すときに、たまたま色違いバージョンの存在を知った。青いモデル。妻に教えると、赤いのより可愛いかもと。

欲しくなった。スウォッチなので価格は安いのだが、いかんせん20年も前のモデル。新品で販売している可能性は極めて低い。頑張って見つけてみた。

あった!!オランダに在庫が一つだけ。

海を越え、本日到着。青いモデルは角度を変えると青から緑にグラデーションがかかり、綺麗。

DSCN2320.jpg

こんなふうに並べてみると、ポップ感が踊りなかなか絵になるかも。

Swatch Pop Rouge PMR100



妻の時計。ビロビロと伸び縮みするゴムストラップが、伸びきってしまい、使い物にならなくなっていたので替えベルトを新調。

見つけるのに苦労した。この時計は、SwatchのPopシリーズで、1995年に発売されている。妻は1995年か翌年にこの時計を日本で購入し、紛失。無くして落ち込んでいたら、同じモデルをチェコかどこかを旅行中に発見し、感動して購入。現在に至っている。

何十万もする高級時計ならいざしらず、二束三文の代名詞の(失礼!!)スウォッチ、それも20年も前の時計の替えストラップなんて売ってる訳がないと思いながら見つけてみると;

あった!!

ドイツとかオランダに数点転がっているのを見つけたので、ドイツからゲット!!海を越えて本日届きました。さっそく妻に見せるととても喜んでくれました。

ちなみに、今まで使っていたストラップは、これ。

DSCN2316.jpg

写真でみるとまだイケそうだけど、色艶がまったくなくて、使い古された感が漂っている。5才の娘のアンクレットにでもなるかなぁ。

Straps in stock !



現在は、時計は一本君になった私だが、ストラップや尾錠にはなるべくこだわりを持ちたいと思っている。それで季節によって使い分けられるように、いくつか揃えてみた。

右上から;

 ○白の型押し
 ○ライトピンクの型押し
 ○サンディ(薄茶)の型押し
 ○アイスブルーの型押し
 ○コニャックのスムースレザー
 ○ブラックのスムースレザー

DSCN2301.jpg

右から;

 ○コニャックの型押し
 ○ネイビーの型押し
 ○ブラックの型押し
 ○ヌメ革

これくらい揃えると、月変わりでストラップを交換して、楽しめる。

ちなみにヌメをのぞいて全てリオス1931製。ドイツのメーカーで、規定で(72/104)というショートサイズがあり、細腕の私は大変助かっている。

しかし、色揃えすぎ!!!という気がしないでもない。
プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。