眠剤のネーミング

サイレース、ハルシオン、マイスリー、それぞれの製薬メーカーが工夫していかにも効きそうなネーミングを考案されている。でも、どうしてカタカナのネーミングが多いのだろうか。ここは日本なんだから、もっと効きそうネーミングを考案したらどうだろう?そこで私が考えてみた。

  以下、眠剤のネーミング案

○「逝ってらっしゃい」 - (怖くて飲めないよ)
○「お休みなさい」 - (まんま)
○「お陀仏」 - (飲む勇気がでません)
○「さようなら」 - (洒落にならんて)
○「起きるも八卦」 - (サイコロ状の錠剤だともっと良い)
○「ぶっちぎり」 - (何をぶっちぎるのか?)
○「ストン」 - (寝付きよさそう)

  横文字の少し考えた

○「ネバーカムバック」 - (これも飲むのに勇気がいるなぁ)
○「グッドラック」 - (寝るのがバクチだね)

こんな会話が交わされるかもしれない。

『俺さ、昨日全然眠くなかったから、「お陀仏」2錠と「ネバーカムバック」3錠飲んでようやく寝れたよ。』
『ちっ、さっき「起きるも八卦」飲んだばっかりなのに、もう目が覚めたよ』

すごい迫力のある会話になる。まるで脱法ドラッグでもやっているかのよう。

で、今、ちょっとググってみた。面白い薬の名前ないかなぁと思って。
■ドリエル 市販薬(dream wellから?)
■グッドミン (good 眠)
■ネルボン (ボンと寝る)
■ミンザイン (眠剤)

それぞれ頑張って付けたと思うけど、インパクトに欠ける。ぜひ、勇気をもって、思い切ったネーミングを付けて欲しい。それで、売上が全然違うと思います!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: