スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベンゾチアゼピンに強い・弱い

酒に強いひと、弱いひといるように、ベンゾチアゼピンにも強いひと、弱い人がいる。

私の知り合いの人は、とても弱い。彼はサイレースの2ミリを飲むと、お酒で酔ったように、ロレツが回らなくなり、しばらくすると、落ちている…、たいてい座ったまま。

そういう様子をみると、ベンゾチアゼピンて恐い薬って認識させられる。

私はベンゾチアゼピンには強い方だったように思う。デパスなどの安定剤は、いくら飲んでも、「効いた」と実感することはなかった。もちろん、体感はしないところで、確実にこの薬は精神を蝕んでいたとは思うのだが、体感はしていない。

体感するレベルは、サイレースの2ミリを5個ぐらい口に放り込めば、確かに良い気分になったことはある。ロレツが回らなくなり、確実に脳をやられたなぁと実感できる。

ベンゾチアゼピンに依存している人のきっかけはさまざまだと思うが、私がこの系統の薬を知ったのは、アルコール依存症を治療した時に、処方されたのがきっかけ。

断酒のキツさを緩和する作用が、このベンゾチアゼピンのお薬にはあるらしい。今思えば、余計な処方をしてくれたものだと思うけれどね。

結局、この薬は、酒との擦り替えに過ぎないと思う。アルコールよりは良いとか悪いとかの議論はここでは置いといて、アルコールと擦り替えに、ベンゾチアゼピンを服用するようになったとしたら、結局一緒のような気がするのは私だけだろうか?

アルコール依存症で入院した場合、ほとんどの病院では、ベンゾチアゼピン系の安定剤やら眠剤を処方される。しかし、聞いたことがあるのだが、そのような薬を一切処方しない病院もあるらしい。

私には、そっちの方が良かったような気もする。ま、アル中で入院する場合は、ほとんどのケースで、自分が病院を選べるなんてことはないけれど。だって、周りが勝手に放り込むんだからね。その病院を自分が好きだろうが嫌いだろうがお構いなく。

こんな記事書いていると、それぞれの種類のクスリの味を思い出す。焼酎にも銘柄で微妙に味が違うように、ベンゾチアゼピン系のクスリもそれぞれに味がちゃんとある。

お菓子のようなほのかな甘さのあるデパス、トローリと舌の上でトロケてその舌の部位を麻痺させるサイレース。苦味がくせになりそうなマイスリー、それと錠剤の色がクールで視覚にも訴える銀のハルシオンなどなど。

懐かしい。

コメントの投稿

非公開コメント

同感です

YJさん、こんばんは。そうですね。ブログ村にも、かなり重度のアルコール依存でも、薬はまったく飲まずに回復された方がいました。私の薬への激しい依存に半ばビックリされてるようでした。
私も、ベンゾがあまり効いてない感じで、でもないと不安です。マイスリーはイッキ飲みで酒のかわりにしてしまったし。
薬なしでやめれると知ってたら、そしてベンゾはじめ、薬の怖さを知ってたら。。。手をだす事もなかった
かな。

はじめまして。
ベンゾを頓服で10か月服用(週2で、ワイパックス一日二錠)(デパス0.5を月に二錠)最後1か月連続服用し(ワイパックス0.5一錠、レキソタン5を半錠)(眠る前リーゼを月に3回)急に断薬したものです。目的は不安感、緊張へのその場での対処で離脱や後遺症を知りませんでした。
このような量にもかかわらず二週間ほどの激しい離脱症状を経て、自律神経の狂いを感じながら鍼灸や自己流体質改善で9割もとにおちつき、いま3か月になります。

こんなに少量で、大変な離脱にあい、本当に驚いています。長期の方や多重の方はどれだけの苦しみでしょうか。。病院や病気が怖いです。

‥ここにきて、苦手な歯医者通いなどがでてきて、何か保険なしではいられない時間がでてきたのですが、
離脱のあまりの恐ろしさから普段薬物を欲することはないのですが、月に何度かの再服用を考えています。
治療によっては一回使用で済むかも‥です。
しかし、一瞬ですが避けられない恐怖感に耐えなくてすむ事を知ってしまい、一生絶つことはできそうになく、年に1.2度かはピンチに使ってしまいそうです。ビビリで駄目なやつです。。。

こういった場合、今までの離脱に何か影響はあるものでしょうか。 ちなみに色いろ調べ某カゼ薬など緊張を抑えるのを狙い、三倍量使ってみましたがあまり期待できませんでした。 飲酒して臨んで顔に出してしまう訳にもいかず、悩んでいます。

ベンゾは効きやすいようで、以前は歯科治療一回でデパス1を一錠で足りていました。効果も落ちるのでは、、ぶり返しが、、と悩んでいます。
日常の連続では自制がきいて使う事はないです。

もし経験や、このような知識をお持ちでしたら教えていただけませんでしょうか。突然に、すみません。
プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。