アルコール病棟での労働

アルコール病棟での患者は、当然、アルコール依存症である。ここは病院なので、当然、飲めない。飲んだら、バレでもしたら即、独房へ行ってらっしゃいの運命。

アルコール依存症の患者は、飲んでいない状態の時は、普通の人である。飲んだら、人間のクズになる人種だが、飲んでいない時は、全くの普通の人なのである。普通の人だから、いろいろな作業(労働)も、当然、人並みにできる。

私の入院していた病院では;

1)朝のほうきがけ
2)モップがけ
3)窓ふき
4)ゴミ捨て
5)風呂掃除
6)配膳準備
7)食堂の掃除
8)他の病棟へ、食事を運ぶ手伝い
9)シーツ交換
10)シーツ類のトラックへの搬入と搬出
11)集団学習会の会場の準備、片付け等
12)その他たくさん

といろいろな役務があった。このような作業(労働)が、当時、どのような名目で行われていたのかは判らない。体の良い作業療法に入るのであろうか?看護師不足が常の精神病院の労働力を補う、格好の人材であるかのように思われる。とかけば、私はこのような作業に批判的のように思われるが実際にはそうではない。入院時は、確かに、このような労働を対価ナシで、強制的に行うことには、抵抗もあった。しかし振り返れば、実際の作業、それも何らかの失敗をすれば、怒られる可能性のある実働を行うのは、リハビリテーションに大変役立つことだと思う。

作業療法は、失敗しても怒られることはない。作業療法とは、単なる遊びに過ぎないからだ。ソフトボール、輪投げ、お絵かき、簡単な調理、カラオケなど、暇つぶしの域をでない。

しかし、アルコール依存症の患者に割り当てられた労働は、失敗したりさぼったりすれば他の誰かに迷惑がかかる性質のものであり、実社会の労働と性質は同じである。入院中は、何のストレスもなくゆっくり過ごすというのも治療の段階によっては大切だが、退院後のことを考えると、入院時に多少の負荷のある生活をさせることで、退院後にうけるであるうストレスに免疫をしっかりつけておくことは大切だと思う。これが、私が後になって、このような労働に賛成する理由である。

病院側も、このような作業を行わせる理由を聞かれていれば、上記のように答えたのだろうが、本音で言えば単なる労働力の補充であるのは誰の目にも明らかだったと思う。結果オーライで、それはそれでよいのだが。

さて、そのような作業の中で、そりゃないだろうと思うものが一つあるので紹介したい。

当時、入院患者は、上から下まで60日程度の表が書かれた、一枚の紙をベッドの壁に貼っていた。その紙に、一日の便の回数、尿の回数、体温、脈を自分で記入するのである。体温計は、今どきどこでこんなのが売っているのというようなあの懐かしい水銀体温計がベッドに備え付けてある。朝起きて、一番に体温を測ることになっているのだ。

大半の患者は、その表が、変なのである。60日分を記入できる表なのだが、記入されてある最新の欄は、だいたいが、30日ぐらい日付が進んでいるのである。つまり、皆、ひとつき先まで、既に記入済みになっているのである。体温も適当に、36度~36.5度の範囲でバラバラに、またしょんべんも8回~15回、便も1回~2回、脈も60回/分~80回/分と適当に微妙に違う数値で、ひとつき先まで記入してある。

普通の医療機関ではあり得ないことだが、このような測定を、患者に任せてしまっていたのである。基本、患者は面倒臭いことは嫌いだ。だから、まともに回数をチェックしてきちんとカウントしているやつは誰ひとりとしていない。皆、ちょーテキトーに数値を羅列しているだけなのだ。

患者の中には、真面目に脈を測ろうにも、測り方を知らない者もいたから、彼らがテキトーに数値を羅列するのは仕方のないことだっただろう。中には、脈の数値が3とか、500とかすごい数値を記入してしまい、看護師連中を卒倒させる者もいた。便の数が100とか…。

ひとつき先まで記入することが、何故まかり通っていたかというと、それは表をチェックする者が、看護師ではなかったからだ!!!これは、今でも思うが、さすがにマズイよ。誰がやっていたかっていうと、同じ患者だったんだから。班長がやっていた。私、班長もやったから、ワ・タ・シもやった。

私にも良心があって、75歳くらいの患者さんには、表の先付けはやらせていなかった。毎日ノートをもって患者のベッドから数値を転記して、そのノートを詰所に提出するのだけれど、75歳の患者さんには、脈はキチンと腕を持ち測ってあげていた。便の回数も正しい回数を問いただしていた。だって高齢の患者さんは、何があるか判らないから、日々の測定は大切だと思っていたし、何かあったら、自分に責任があるから怖かった。今思えば、何かあったとしても、患者にこんなことさせていたというのは病院は隠蔽するだろうし、私に責任が及ぶことはないとは思う。そもそも、こんな大切なことを同じ患者にさせていた病院側が悪いのだから。私は看護師免許もっていないのだから。

普通の常識なんて精神病院には、ない。形式だけ、そう形式だけやっておけば、あとは患者は死なない程度でちょうど良い。最初に書いたが、私は労働自体には反対ではない。しかし、度が過ぎると、「だから精神病院は叩かれるんだよあぁ」とボヤきたくもなってしまう。

この話は、当時の事実ではあるが、今では改善されて、日々の計測は看護師が直接1人ひとりに対面で行なっているということを付け加えておく。労働も残念ながら、無くなった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: