スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

patek philippe ref.3796

私は時計が好きでコレクションしたことがある。集めたコレクションはほとんど売り払ってしまい、現在では1本しか残っていない。パテック・フィリップref.3796。

ref3796.jpg


そのへんの女性よりも細い私のきゃしゃな腕にしっとりと馴染む。最近のデカアツブームはそれで良いとして、たまには小さくて控えめな時計を付けるのも悪くはない。ほとんどの人は、この時計に気づかない。ジジィくさいとか、その小ささのためオカマ用時計くらいとしか思わないだろう。しかし少しでも時計に関心のある人には、この時計は控えめどころか、放たれる威光・存在感で、30mmの直径が数倍にも大きく見える。

毎日、夜9時ごろにネジを巻く。小さいリューズを小気味良くキリリと巻き上げる。時計はしょせん時間を測る道具に過ぎないが、こいつは、どうやら時間を測る道具ではなさそうだ。ネジを巻き上げ命を吹き込むと静かな鼓動が聞こえだす。チクタク音が独立した新たな時の流れを創りだす。そこではこの時計が時の絶対的創造主として存在し、もしも遅れるとか進むとかあったとしたら、イカれているのは電波時計のほうなのだと怒り出しそうだ。

手巻き時計はネジを巻いてあげないと動かない。たまにはメンテナンスも必要だ。パテックだとオーバーホールの費用で別の時計が買えるくらいのコストもかかる。この時計を眺めていると、どっちが主人なのかわからなくなる。もちろん、私が時計をお世話して、時計に使われる下僕のよう。いつの日にか、こいつを使い倒せる日が来るのを楽しみに待とう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。