ロレックス等のねじ込みリューズのねじ込み方法について

DSCN4647.jpg

ロレックス等のねじ込みリューズのねじ込み方法について検索してみると、ほとんどが「押し込みながら右に回す」という文章で片付けられている。

実際にねじ込みリューズを押し込みながら回すと判るのだが、押し込む力を掛けているので、ネジ山がキチンと正しく噛んでいるかどうか感触を確かめにくい。

ネジ山が正しく噛み合わず、最後までしっかりねじ込めなかった経験がある人も多くいると思う。また、ネジ山が正しく噛み合わないままもねじ込んでしまい、ネジ山にヘンなクセがつき、正しく噛み合わせるのが大変になることもある。

そこで、私が行っているねじ込みリューズのねじ込み方法を紹介してみる。

1)リューズ真っ直ぐに押し込む。
2)押し込んだまま、右ではなく左に回す。
3)一回転以内のどこかで、一段下がる感触を感じるはず。
4)その感触を感じたら、右に回し始める(まだ押しながら)。
5)右に回して半回転もすれば、ネジ山が噛むので、押す必要はない。
6)そのまま、最後まで右にまわしてネジを締める。

ポイントは、押し込んだままねじ込む方向とは逆にまわして、正しくネジ山が合うようにレールを合わすこと。慣れると、非常にスマートにねじ込みリューズをねじ込むことができるようになる。ネジ山に変なクセをつけることもないので、お勧め。



16613 on a brown leather strap !

I have had my 16613 on a light brown alligator strap. Looks cool ! 

DSC_3270.jpg 

16613 6時側 コマカット

DSCN4595.jpg 

5桁ロレックスは、ほとんどの方は6時側は5コマ(クラスプとの連結リンクコマも含め)で使用していると思う。コマ調整で最も短くできるコマ数が、それだから。

しかし、それでも長いと思う日本人が多いのではないだろうか?幾つかのブログ等で、6時側コマカットの話題をたまにみかけることもある。

日々着用する時計、日々でなくとも着用するのだったら心地よいに越したことはない。リセールのことを考えてコマカットは控えたいと思う人もいるだろうが、経験上、リセールバリューは変わらないと思う。

それで、迷わずコマカット。コマカットは業者に頼むとクソ高い、しかし何故か日ロレは安い。3000円。

DSCN4593.jpg 

カットされたコマは戻してもらい、金部分は地金屋で売却。K18(750)ではないらしく、あとKと呼ばれる(18K)とのこと。金の比率が75%以下らしい。もしかしたら、20年前製造の個体だから14Kが使われているのかもしれない。

あまりコマが数個あったのだが、売却。これもあってもなくてもリセールバリューなど変わらないだろうし、保管していても意味がない。

16613は、いわゆる夏時計だと思われているが、使いようによってはもちろん年中使える時計。つまり、ブレスを革ストラップに変更することで、夏以外の季節にもマッチさせられる。秋から冬は茶のアリゲーター、春から初夏は、ブルーもしくはライトブルーのアリゲーター、その他気分に応じて、最近流行の、ヴィンテージカーフも合う。そういえば数年前もそんな記事を書いたことがあったかな。

DSCN4594.jpg 


信号待ちで

信号待ちで目に入った風景。

DSC_2105.jpg

You can earn more money if you lose it. But earning back the reliance of others once you have lost it is a different matter.

なくした銭など稼げばどうとでもなる。が、一旦なくしてしまった信頼を取り戻すってことはそうそうできるものではない。

粋なペイント!

就職活動

40代半ばを過ぎて、何のスキルもない男の就職活動は、長く辛い。

子供には、「何に対しても、必死で頑張りなさい」というけれど、自分の就職活動については一生懸命頑張って果たして結果がでるのかどうか甚だ疑問だった。いくら頑張っても、無駄ではないだろうかと…。

今まで書いて送った履歴書は、50枚くらいだと思う。インターネットからの申し込みは、前もって作成しておいたウェブ履歴書を応募を受けた企業が閲覧するのだろうから、毎度毎度履歴書を書いて送る手間は省ける。

手書きの履歴書を送った企業と、ウェブからの申し込みした企業合わせると、おそらく100社は超えていると思う。40代半ばで一回、人生をリセットしようと気軽に離職したのだが、これほどドツボに落ちるとは…思ってはいたが、実際経験すると死ぬほど辛かった。

何かしないと食ってはいけないので、ハードルの低い派遣で食いつなぐ。派遣社員は、なんとかかんとか仕事はある。選り好みしなければ、全くないということはない。

しかし、どんな仕事でも、ほとんどの人間はそうそう上手に手抜き仕事なんてできやしない。時間が決められていたら、その決められた就労時間は一生懸命に働くはずだ。

一日の決められた就労時間は、正社員の仕事を見つけようという、就職活動への意欲を挫くのに十分な疲労感を私に与えてくれる。派遣で仕事をしている限り、まともな就職活動なんて無理…。

最近ブログで紹介したように、発掘調査なるものを行った。朝九時から夕方4時。終えて家に帰り着く頃は、泥だらけになって、精も根も尽き果てた状態になっているのに、これから就職活動なんて思うと、ハゲますよ。

妻が言う。

「私が、何をトチ狂ったか、人生の最大の間違いを犯し、あなたを選んでしまったのよ。ホント、後悔しているわ!(そこまで言うか…)

どこかの会社の人事の人だって、私のように気が狂ってあなたを選んでくれるかもしれないわよ」


この言葉にどれほど励まされたか判らない。そんな人事の人間が居るのならば、そいつは昼間っから、裏のコンビニにビールを隠れのみしている奴に違いない。そんな奴、いないよ!!いや、何十年か前の自分がそういう姿していたような…。

諦めない。めげてもくさっても、やる気無くしても、飲んでしまっても、応募し続けた。
プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: