伝説の尾錠

伝説の尾錠
RSCN6195.jpg 

どこが伝説?貴金属?
RSCN6194.jpg 

ステンレスですけど!しかも無銘。
RSCN6191.jpg 

サイドビュー、刻印なし。
i-img1200x900-15291936731l84yv1092007.jpg 

もう一方も刻印なし。
i-img1200x900-1529193668c8fixy1097341.jpg 

古き良き時代の尾錠、from '50, the beauty at its simplest.



青サブ カスタムブレス

DSC_3420.jpg

T番青サブ&78360。チープなシャカシャカブレスがいい。

DSC_3422.jpg 

6桁の新しいブレスと較べると月とスッポン。5桁16613に6桁ブレスもなんとかすれば付くだろう。リサーチに時間がかかるとは思うが、どこかで116520あたりのブレスがいけると聞いた。116520って中コマ鏡面だったっけ?じゃ、入手してからサテン仕上げまでしないといけないか。

DSC_3426.jpg 

でもねー、チープですぐ壊れそうな安っぽいクラスプがいいんだよねー。
16613&78360=最強の夏時計だと思う。まー、これしか持ってないけどね。

青サブ(16613)& SSオイスターブレス

16622(ヨット)も、16570(エクⅡ)も、16263(サンダーバード)をオイスターブレス付けた時も、そしてこの16613(青サブ)も、いつものようにコマを一つ落とす。段差?なんて100%、他人は気づかない。ヨットは新宿で宝石広場さんで売却したけど、査定した人も気づかなかった。

この青サブオリジナルブレスは日ロレにて一コマ落としたが、コンビオイスターからシングルフリップの78360に変えて、コイツも落としたい。

加工を頼んだ業者のところにブレスを届ける途中に、丸の内の日本ロレックスがある。もし日ロレが受けてくれれば3000円で済む。ダメ元で勇気をもって突撃してみる。

結果、、、撃沈。以前はブレスだけの加工やメンテも行っていたそうだが、いろいろあって現在は行っていない。ブレスと合う時計が必要とのこと。少し、粘ってはみた。いや、結構粘ってみた。一緒に居た妻が止めに入るぐらい粘ってみた。もともとダメと判っていたが、実際ダメといわれると反抗してみたくなるようだ。

加工を頼んだ業者さんから仕上がってきた、コマ落ちブレス。段差がある。

DSCN5935.jpg 

ステンレスオイスター、シングルフリップに青サブ。暑い夏にはこれがいい。

RSCN5938.jpg 



16613 ON 78360 (501B)

汗ばむ季節になったので、革ストラップからブレスへ変更。オリジナルの93153は真ん中がゴールドなのであまり好きじゃない。93150も考えたが、ダブルフリップは好きじゃない。

It's getting warmer and warmer. I took croc leather straps off of my 16613 and instead fixed 78360 on it with 501B end pieces. I don't like original 93153. I don't like gold pieces on the middle line. I could consider 93150 but this 16613 comes good with single flip bracelet. So I decided to go with 78360.

78360をやっと入手。78360はスポーツ系とドレス系で同じ型式なのに、バネ棒を通す穴の大きさが違う。知らないと、泣くことになる。

Though the model number is the same 78360, it comes in two types. One for sports models and the other for dress types like DJ. The size of holes where spring bars go through is different. This is very important.

SSブレスは涼しげでいい。こんなカスタムは面白い。

SS bracelet on 16613 is really good. A very nice custom Rolex, here.

DSCN5808.jpg 

DSCN5806.jpg

DSCN5807.jpg

郵便物 from Italy

先日、郵便物がイタリアより届いた。

封筒の表;

DSCN4814.jpg 

書留だったから、受取のハンコが必要。届けてくれた配達員さんも「こんなの初めてですよ」ってビックリ。

だって、

裏面がこれだから。

DSCN4815.jpg 

イタリア人、恐るべし。
プロフィール

YJ

Author:YJ
アルコール依存とベンゾジアゼピン系薬物依存の記録。

I hope this blog is of some help to those wandering in the darkness with no way out like I used to be.

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: